特典ありの公式HP↓

電気シェーバーとは

 

脱毛について調べていると、よく「脱毛は電気シェーバーで!」という言葉をよく見かけますよね。

 

電気シェーバーは、自宅で出来るとても効果的な脱毛方法です。

 

シェーバーというと男性用のひげそりを想像する人も多いかもしれませんが、女性用の電気シェーバーもどんどん増えてきました。

 

女性用の電気シェーバーは、ひげではなくひざ下や脇の下など、体のムダ毛を処理するためにあります。

 

電気シェーバーは、大きく分けて2種類に分類することが出来るでしょう。

 

一つ目はシェービングタイプです。

 

これは、男性用のひげ剃りと同じような仕組みになっています。
肌の表面にある毛を切り落として綺麗にすることが出来る脱毛方式です。

 

電気シェーバーは剃刀とは違い、肌に直接触れることがないので痛みも肌への負担もありません。

 

手軽に使うことが出来ますが、肌表面のみの脱毛なので効果は一時的なものでしかないでしょう。

 

二つ目は脱毛タイプです。

 

ローラーのようなものがついていて、毛を根こそぎ抜き取る方式の脱毛です。

 

一度に複数の毛を引き抜くことが出来るので、しばらく綺麗な状態を保つことが出来ます。

 

しかし部位によっては痛みを感じることも多く、また、あまりに過度な脱毛をすると炎症や埋没が起こってしまう可能性があるので注意をしましょう。

 

値段に幅はありますが、大体は数千円程度で購入をすることが可能です。
剃刀よりは高いですが、さまざまな部位に使うことが出来るのでエステサロンの脱毛よりは安い金額で施術を行うことが出来ます。

 

電気シェーバーのメリットデメリット

 

電気シェーバーの最大のメリットは、自宅で気軽にしっかりと脱毛をすることが出来るという点なのではないでしょうか?

 

剃刀のように肌荒れする心配はありませんし、肌への負担もあまりかかりません。
剃刀よりもしっかりと脱毛が可能ですし、広範囲の処理がとても行いやすいのです。

 

コンパクトタイプの電気シェーバーが増えているので、外出先で脱毛をする人も多いのではないでしょうか?

 

自宅で行える脱毛の中ではとてもお勧めの脱毛方式でしょう。

 

そんな電気シェーバーでの脱毛ですが、いくつかのデメリットがあります。

 

まず効果は剃刀同様数日しか持たないことです。
永久的な効果を実感することは出来ません、シェービングタイプの場合はすぐに新しい毛が生えてきてしまうでしょう。

 

電源が必要なので、電源のない場所では使用できない可能性もあります。
バッテリー方式、電池方式などもありますが、用途に合わせて使い分けることをおすすめします。

 

防水タイプ、泡が出るタイプなどさまざまな種類の電気シェーバーがありますが、性能が増えれば増えるほど値段はどんどん高くなってしまいます。
そのため、きちんと脱毛をしたい場合は血行な費用がかかってしまうかもしれませんね。

 

電気シェーバーの種類によっては音がとてもうるさいと感じてしまう場合があります。
そのため家族がいたり、外出先で使用をするときは少し困ってしまうかもしれませんね。

 

このように、電気シェーバーにもたくさんのデメリットがあるのです。
決して安いものではないので、購入をするときは良く考えた上で決めてください。

 

電気シェーバーよりもおすすめなのは?

 

一番推奨されているはずの脱毛方法電気シェーバーでもたくさんのデメリットがあります。

 

では、一番良い脱毛方法は何なのでしょうか?

 

それは、抑毛ローションや抑毛ジェルです。

 

たとえばコントロールジェルmeは、痛みも刺激も肌への負担も全くない脱毛をすることが出来るでしょう。
毎日塗るだけでどんどん脱毛効果を実感することが出来ます。

 

費用も決して高くありません。
電気シェーバーのように一度購入したら以後が費用はかからない、というわけではありませんが、月の出費に換算するとそこまでの金額ではないでしょう。

 

美肌効果も実感できますし、肌が炎症したり埋没する心配もありません。
ジェルタイプなので肌のさまざまな部位に使うことが出来ますし、敏感肌やお子様など、脱毛商品を使うのに悩んでいる人でも使いやすいのがポイント。

 

これからの脱毛は、肌への優しさを第一に考えたコントロールジェルmeが一番なのではないでしょうか。
使い続けることでどんどん肌が艶やかで滑らか、ムダ毛のない綺麗な状態になります。

 

こちらから=お肌をつるピカに導く話題のムダ毛対策ジェル

 

コントロールジェルME↓